カテゴリー別アーカイブ: カメルーン

お尻と足が限界です!!

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

とても居心地の良かった
KUNくん宅をあとにして

(お昼に作ってくれた炒飯の残りを
しっかりとタッパーにもらっちゃった♪幸せな移動になりそう)

本日の夜行列車に乗り込みました!

20130217-012709.jpg

ロンプラ(ガイドブック)には飛行機の
ファーストクラスのようなシートって書いてあったけど。。。

ん〜。どうでしょう

20130217-012722.jpg

けど、いつもの狭いギュウギュウの乗合から比べると天国です!!

KUN君炒飯に癒されて熟睡。。。

朝の8時くらいには到着して

そこから、マロウアという町にバスで移動します

20130217-094324.jpg

本当はマロウアから
マーケットとか色々行きたかったんでけど
交通手段が、あまりないのでリュムシキだけ行くことに

何処かの冒険家が世界で一番の奇形だ

と言ったらしい場所

バスでモコロという町から
バイクタクシーで約2時間!!

ガタガタの道をバイクの後ろに乗り
しかも、3人乗り!!

辿り着いた頃には
お尻は痛いし、足は痛いし
フラフラでした。。。

けど、景色は
面白い形の岩が沢山あって景色が良くて
楽しかった!!

20130217-100244.jpg

20130217-100256.jpg

20130217-100309.jpg

20130217-100317.jpg

行は勢いでノンストップで来たけど
帰りは途中で休憩しながら帰る

20130217-100347.jpg

けど、やっぱりモコロについた時には

歩けないくらい足もお尻も痛かった!!

地元の人は、あぁリュムシキに
行ったんだね。と笑ってた

はぁ〜
大変な移動だったけど楽しかった♪

さぁ!チャドに移動しますか!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中♪クリックしていただくと私達のやる気が上がります!
世界一周ランキング ←スマホ/IPAD/携帯電話の方はこちらをクリック

カメルーン→チャド国境越え

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

●ヤウンデ → ンガンデレ
夜行電車 1等車 17000cfa

20130222-154843.jpg

マロウアまでのバスのチケットを
電車の中で売りにくる
アフリカにあるまじき効率の良さ!

●ンガンデレ → マロウア
バス 6000cfa

買ったチケットをバス会社の
窓口に出すのを忘れないように

●マロウア →コウセイリ(国境の町)
マイクロバス 7000cfa
Tourist Expressの隣のバス会社
出発が早朝3時、4時、7時と早い
8時間くらいかかる

●コウセイリ → 国境
バイタク 300cfa

●国境 → ンジャメナ
タクシー 2人で 4000cfa
多分多く取られてると思う

チャドでは入国3日以内に外国人登録を必ずする事

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

小さな幸せ

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

お世話になったKUNくん達に
日本料理でお礼

20130217-004421.jpg

料理が上手い人に手料理を出すのは
緊張しましたが、好評で良かった!

写真を撮る前に食べてしまったのが
美味しかったという証拠♡ということにしておきましょう

本当に色々ありがとう!!
また、中国か日本で会いましょう!

20130217-004433.jpg

ちなみに、
ヤウンデの外で飲むビールは美味しかった
ご飯も魚が美味しかった

20130217-004546.jpg

どうでもいい小ネタ

ベットの毛布の色と夫TOMOの服の色が
おんなじ色で完全に同化していて面白かった

20130217-004558.jpg

さらに小さい小ネタ

洗濯機で洗った靴下が1回で
こんだけ縮んだ

20130217-004759.jpg

小さな小ネタで笑いあえるのは幸せですね

さぁ〜て。夜行電車で
カメルーン北部を目指します

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

中国人と日本人

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

予想外に居心地が良くなったガボン
本当に皆様お世話になりました

さぁ!カメルーンの首都ヤウンデを目指します!
途中で賄賂を請求されながらも無視し続け。。。

たどり着きました!
ヤウンデです♪

20130216-232218.jpg

ヤウンデでは2人のカウチサーファーに
お世話になりました

1人はフランス人男性
イタリア人男性と2人でルームシェアしていて
いろんな友達が遊びに来て賑やかでした!

20130216-232302.jpg

2人目は、中国人のKUNくん
いや〜。家というか高級ホテルでした

20130228-122849.jpg

快適だし、中華料理を作ってくれた!!

20130216-235358.jpg

20130216-235407.jpg

そして、何よりも色々な話が出来て良かった

●どうしてKUN君がアフリカにきたか

ケーブルテレビの会社から駐在員として来ている
中国語、英語、フランス語が話せるので
アフリカで怖いものなしだ
ちなみに、ホテルみたいな部屋も会社が
全額支払ってくれている

中国では、給料が安い
平均で8万円くらい

しかし、男性は結婚前に家を買わなくてはいけない
とてもじゃないけど、その給料では家を
買うことができない

なので若いうちに海外で稼いで
中国へ帰るそうだ

なので、みんな海外に働きに出る

日本での駐在員のイメージは
経験を積んだ40代くらいのイメージだったが
中国では、結婚前の若者がくる

そして働きに出る中国人には
2タイプいて

会社から駐在員としてくる人と
中国では仕事が無くて海外に出て
個人で商店などをやる人
(その中には犯罪を犯して刑期が終わっても
仕事につけなかった人達も居る)

中国でも特に南の方が仕事が無い
なので個人で来ている人達な南の人が多い
KUNくん達は
中国製品の質の低さは恥ずかしいと言っていた

●尖閣諸島問題について
難しくて分からないけど
ただ、この問題でお互いの関係が悪くなるのは良くない
誰も決められないなら半分づつで良いいじゃんと

何人かの中国人と尖閣諸島問題について話したが
日本で報道されてような過剰な反応はなかった
それより、こんな事で揉めている間に
もっと色々と出来るだろうと

●戦争の歴史的問題について
クンクンの友達の出身は瀋陽
反日感情はとても強い

自分達の世代は戦争を実際には知らない
話してて思うのは、日本人が近代史、戦争の歴史について
あまり勉強をしていないことが問題だと思う

縄文時代からずっと歴史を学び
近代史はサラッと終わった記憶しかない

日本を離れて思うのは
日本のテレビ報道は規制をされ過ぎているのではないかということだ
情報が偏りすぎている危険を感じた

確かに、過去に囚われすぎても前に進めない
ただ、過去をしっかりと知らなくては
いけないのではないだろうか

ドイツはその点ですごいと思う
まずは、知る事から始めたいと思う
何だかまとまらないけれど

この広い世界中で、日本人と中国人だけが
漢字での筆談で話ができる
だから、どうしたということではないが
もっと良い関係になれたらいいと思う

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..
カテゴリー
月別アーカイブ