カテゴリー別アーカイブ: 中部アフリカ①

チャド→カメルーン→ナイジェリア国境越え

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

●ンジャメナ→コウセイリ国境
タクシー4000cfa

●コウセイリ国境 → 国際プジョー乗り場
300cfa バイタク

●プジョー乗り場 → マイドゥグリ(カメルーン)
6000cfa プジョーの乗合タクシー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カメルーンのビザはシングルしか持っていなかったが
ナイジェリアに通り抜けるだけならOK
イミグレで予定をきちんと言えるようにしておく

私達は、チャド入国時にイミグレに確認した
1回、ビザは?と聞かれるが
予定を説明したらOKだった

ナイジェリアに入ってマイドゥグリまでは
検問の数が多い!賄賂請求もあるが
払わないでも大丈夫

マイドゥグリは危険なので教会に近づかない
夜は絶対に出ない(爆発事件があるので)
絶対に通過するのみにしたほうがいいと思う

2012年1月現在

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中♪クリックしていただくと私達のやる気が上がります!
世界一周ランキング ←スマホ/IPAD/携帯電話の方はこちらをクリック

お尻と足が限界です!!

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

とても居心地の良かった
KUNくん宅をあとにして

(お昼に作ってくれた炒飯の残りを
しっかりとタッパーにもらっちゃった♪幸せな移動になりそう)

本日の夜行列車に乗り込みました!

20130217-012709.jpg

ロンプラ(ガイドブック)には飛行機の
ファーストクラスのようなシートって書いてあったけど。。。

ん〜。どうでしょう

20130217-012722.jpg

けど、いつもの狭いギュウギュウの乗合から比べると天国です!!

KUN君炒飯に癒されて熟睡。。。

朝の8時くらいには到着して

そこから、マロウアという町にバスで移動します

20130217-094324.jpg

本当はマロウアから
マーケットとか色々行きたかったんでけど
交通手段が、あまりないのでリュムシキだけ行くことに

何処かの冒険家が世界で一番の奇形だ

と言ったらしい場所

バスでモコロという町から
バイクタクシーで約2時間!!

ガタガタの道をバイクの後ろに乗り
しかも、3人乗り!!

辿り着いた頃には
お尻は痛いし、足は痛いし
フラフラでした。。。

けど、景色は
面白い形の岩が沢山あって景色が良くて
楽しかった!!

20130217-100244.jpg

20130217-100256.jpg

20130217-100309.jpg

20130217-100317.jpg

行は勢いでノンストップで来たけど
帰りは途中で休憩しながら帰る

20130217-100347.jpg

けど、やっぱりモコロについた時には

歩けないくらい足もお尻も痛かった!!

地元の人は、あぁリュムシキに
行ったんだね。と笑ってた

はぁ〜
大変な移動だったけど楽しかった♪

さぁ!チャドに移動しますか!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中♪クリックしていただくと私達のやる気が上がります!
世界一周ランキング ←スマホ/IPAD/携帯電話の方はこちらをクリック

ガボン → カメルーン国境越え

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

●リーブルビル → ビタム
14000CFA 10時間
pk8(ペーカーウィット)からmajoという会社が
ビタム行きを出している(朝5時〜)
(町からtaxiで2000〜3000cfaくらい)

8時くらいから通勤ラッシュで渋滞するので
早朝がオススメ
前日にチケットを購入することも可能
(現地の人情報)

検問の数が凄い!!
1回、書類を作るから2000cfaを払えと
言われたが、日本大使館に確認するぞ!!
と携帯で電話し始めたら、払わなくても良くなった

●ビタム → キヨス(国境)
乗り合いタクシー 1500cfa
約1時間

☆必ずビタムのポリスで出国スタンプをもらうこと☆

私達はビタムで一泊した

Hotel des voyageurs

5000cfaの部屋が空いていなくて
7000cfaの部屋に宿泊した

大きな、ゴキちゃんが居て倒したが
安眠できなかった。。。

乗り合いタクシーが連れて行ってくれた
小さい街なので誰かに聞けば教えてくれると思う

歩いて国境を超える

●キヨス → エボロワ
1500sfa 約3時間
Bucavoyage という会社から出ている

●エボロワ → ヤウンデ
1500cfa 約3時間
Bucavoyageから出ている
ついた場所で乗り換え可能

●ヤウンデのバスターミナルから町まで
2500〜3000cfa(taxiチャーター価格)
乗り合いタクシーでも可能だと思うが
ホテルの方向に行くタクシー、大きいバックパック
でも乗せてくれるタクシーを見つけるのが難しい

地元の人にも聞いたらチャーターなら
この価格でも仕方が無いとのこと

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

贅沢ニアメ生活

オフィシャルサイト ともたび
http://tomotabi.net

警察にお切り迎えをしてもらったアガデスをサクッと抜けて
ニジェールの首都ニアメにやってきました!

ニアメの街中は砂が多くて乾燥しているから
髪も何もかも砂だらけ。。。

nia09

そんなニアメでもカウチサーフィンで
お世話になります
NGOで働いているアメリカ人のキャロライン

友達も多く色んな友達と引き合わせてくれました
久しぶりのレストランで緊張!!パスタとお肉を注文!!
美味しかったぁ!!

nia12

nia10

ただ。。。いつもの予算の約5倍!!!( ̄◇ ̄;)

休日にはホームパーティや船で島に行ったり

nia05

nia02

nia04

nia01

妻TOMOはジェットスキーを初体験!!
すっごい楽しかった!!

aga16

aga06

ガンガンぶっ飛ぶから
落ちないように必死!!夕焼けの中を疾走する爽快感は
自分で運転してみたくなります!!

いやぁ〜。つかの間の贅沢なひと時でした。。。

幻の5ヶ国ビザも無事に取得できたので
ブルキナファソに移動しますか♪

それにしてもネイティブの英語は
早くてスラングが多くて
分からないことが多かった。。。
英語、頑張るぞ!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

指令!「目立つな」

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

ニジェールの中部の街 アガデスをめざします!
それにしても荷物詰め過ぎでしょ。。。

aga05

アガデスに行くには途中の
ザンディールという町に一泊

夕方ついて朝5時には出発

ん〜む。
早朝の暗い中、移動するよりも
バス停で一夜を過ごした方が
安全なのではないか!?

ということでバス停に一泊しました

aga04

下に敷くゴザは無料で貸してくれる

朝6時くらいに出発して
お昼にはアガデスに到着

途中のチェックポイントで
パスポートを上官にチェックしてもらうからと
持って行かれたので警察にパスポートを取りに行った

すると、アガデスの状況は知っていますか?
(数年前に旅行者が誘拐された)
町中は大丈夫だけど、離れた森の中とか危険
森に行くツアーに誘われても行かないで!と言われる

あまりに顔が真剣だった為に
明日の朝4時30分のバスでアガデスを出る事にした

今日もバス停に泊まろうとしたら
警察の人に

宿に迎えに行ってあげるから
バス停で泊まるのは止めた方が良い

と忠告される。
ここは、もう警察の言う事を
全面的に聞く方が懸命だろう

という事で、明日の朝のバスチケットを購入して
(警察からバス停まで更にホテルまで送って行ってくれた!)

ホテルにチャックイン

aga03

暗くなる前にアガデス観光開始!
暗くなる前に観光を終えて宿へ帰るぞ!

まずは、宿の目の前にある
泥のモスク!!
マリに入れないので、これがどうしても見たかった夫TOMO

aga11

aga12

aga10

モスクの人達
やっぱり絵になります

aga09

泥のモスクの内部に階段が会って
頂上まで登れる

aga13

アガデスの町並み

aga14

さて、次は銀細工の工場
みんな自分の銀細工を買え!!
と声をかけてくる

aga15

aga01

アガデスクロスを値切って購入♪
ニジェールはそれぞれの州ごとに13クロスがある
他のもカッコ良かったのだが予算の都合上
アガデスクロスのみだけ♡

写真

町中を歩いていると、おじさんが甘い甘い緑茶を飲んでいて
私達にも飲ませてくれた
暑いときに熱いもの美味しかった♡

ターバンを巻いた人や剣をさしている人も居る

aga08

無事に観光を終えて
宿に戻ってくるとちょうど夕日の時間

夕焼けのモスク

aga17

妻TOMOはアガデスではストールをずっと被っております

aga07

普段は頭だけなんだけど
アガデスは敬虔なイスラム教徒が多いので
肌もなるべく出さないように。。。
(もちろんイスラム教徒じゃない人も沢山居る)

宿で朝4時まで爆睡

朝、準備を終えて待っているが
警察の人が来ない!

バス会社の人に
4時30分出発だから4時に来い

と言われているのに
4時に迎えに行くという時点で遅刻じゃん!
って思うのだが、ここはアフリカ。。。

しかし。4時20分になっても来ない
さすがに焦ってきました

本当に、極めて極めて極めて!!まれに時間通りに
バスが出発してしまう場合があるんです

バイクタクシーが無いか探しているが
さすがに朝の4時には、ほとんど走っていない

どうしようかと焦っていたら!!来た!!!
本当に来てくれた!!!

なんて親切なんだ!

しかもバス停で賄賂請求、ぼったくりに絡まれているのを
ちゃんと助けてくれた!

なんて良い人なんだと思いながらも
別れるかれる時に、お金を請求されるのではないかと
内心疑ってしまっている。。。

無事にバスに乗り込み
首都のニアメに向かって出発した

警察の人は最後の最後まで見送ってくれて
お金の請求もしてこなかった

もっと心からお礼を言えば良かった
アフリカ旅で荒んだ心を反省しました

アガデス滞在時間14時間
今回の旅、最短記録です!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

10万人の岡田さんのドラーバー!?

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

ある日、ジェミーとお抱え運転手が話しをしたいた

オカダのドライバーは10万人いて
今後、失業してしまうようだ

と真剣な顔をして話していた

この会話を聞いて妻TOMOは

10万人のドライバーを抱える岡田さん。。。

どんだけの富豪なんだろう。。。
1人か2人で充分でしょ!!
とビックリした

しかし、よくよくきくと
どうやらオカダとはバイタクのことらしく
法律でバイクの2人乗りが禁止されたなので

オカダで商売が出来なくなったそうだ。

そうだよね

10万人のダライバーを雇える岡田さん

居る分けないですよね。。。

そんなわけで、カノの市内は
トゥクトゥクが大混雑!

なかなか捕まえられないし
強気で値段をふっかけてくる

そんな苦労がありながらも
カノの旧市街観光
やたら写真を一緒に撮ってくれと言われる

kano17

kano18

kano16

kano15

kano14

kano13

染め物の所は
良くわからなくて行きませんでした。

観光も終わったのでニジェールに行きますか〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

カノのオアシス

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

カノでもカウチサーフィンでお世話になります

のジェミーここ最近、日本人の旅人が立て続けに
お世話になっているとっても明るくて面倒見の良いジェミー

そして、何よりも!!
料理が上手!!!!!!
本当に美味しい料理をいつも食べさせてくれる!

kano11

kano10

たくさんの友達とも会わせてくれたり
湖畔に連れて行ってくれたり

湖では船で魚を獲っていた

kano06

kano07

kano08

kano05

船ではなく板に乗って魚を捕っている人も!!

kano09

kano03

ほとんど観光する場所が無いけど
居心地が良すぎて長居をしてしまった。。。

本当にありがとうジェミー!

kano01

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

賄賂請求回避のススメ

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

お世話になったハミッド邸
イスラム式で靴を脱いで部屋に入る
chado11

chado10

ここでトイレとバケツシャワー
夜になると。。。
ふふふ。。。

素敵な友達が沢山。。。
ふふふ。。。

次回、会うときは
ハミッドは国会議員だねぇ
なんて言いながらチャドに別れを告げます

chado19

本日はチャドを出国して
カメールーンを通り抜け
ナイジェリアに入国します

ナイジェリアはトランジットのみなら
ビザなしで通過可能!
通過可能な情報はあったんだけど

イミグレの人の機嫌次第で変わる事も
あるだろうからドキドキしていたけど
無事にビザなしで通過出来ました〜!

移動は国際プジョーで
かなり古いプジョーが現役で頑張っています!

pujo06

出発前のお祈り

pujo04

ナイジェリアの北東部は
今、ちょっと危険

キリスト教の教会が爆破される事件が起こっている

もちろん私達は、すっ!!!っと
通過するのみ!!

しかし、検問の数が凄すぎる!!
10分走っては検問!本当に大変!

おかげで検問のときのお決まりの賄賂請求のかわし方も
随分と上手くなりました!!

私達は、妻TOMOが全面に出る事にしている
こういう時は女性が前に出た方が優しい

夫TOMOは最終手段

最初は、フランス語分かりません
英語分かりませんと急にとぼける

あとは、ポリスや軍の人と仲良くなる!
笑わせたらこっちのもの!

なんだか賄賂請求をかわすのが楽しくなってきました

賄賂請求や車の故障なんかで
マイドゥグリに着いたのは夜!!

タイヤの軸が折れたの初めて見た

pujo03

pujo01

pujo02

どうするんだろうと思ったら
ちゃんと替えを持っている!!

けど、ジャッキが車とあっていなくて
結局、手で車を持ち上げて

下にスペアタイヤとを置いてで車を支える

準備が良いんだか悪いんだか
けど、結局なんとかしちゃうから凄い

ということで朝までバス会社の敷地内で寝る事に
朝起きて、そこからカノ行きの車に乗り込んで
カノに一気に移動します!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

国家権力の力!!

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

チャドは写真撮影が基本的に禁止されている

高級ホテルにインターネットをしに行った時に
あまりにホテルが綺麗なので写真を撮っていいか
フロントに確かめるとOKとの事

何枚か写真を撮っていたら
警察が来て、なにやっているんだ!
と怒られる。
事情を説明してフロントの人も自分がOKと言いった
と言ってくれるが、

警察はパスポートをよこせ!とパスポートを持って
ホテルの奥に入って行ってしまった

15分後、あきらかに偉そうな人と一緒に戻ってきた
もう一度、事情を話すとデータを消去してくれればOKとのこと

速攻で消してパスポートを返してもらった

事件の起こったケンペスキーホテル

20130222-163451.jpg

20130222-163530.jpg

(写真が無いのでネットから画像をいただいてきました)

そんな事があった次の日
ミスチャドの表彰式?にハミッド父が行くので
一緒に連れて行ってもらった

車には、警察が一緒に乗っている
ハミッド父は何者か尋ねるとなんと、
文化省の大臣ではないですか!!

検問にも、もちろん顔パス!!
警察、軍が敬礼して見送ってくれる!!

いやぁ〜。気分が良い!
いつもは検問といえば賄賂請求されてばかりだったので、
最高に気分が良い!!

さらに、ミスチャドの表彰式の
写真を報道陣に混じって撮っていいとのこと!!

20130222-202745.jpg

ハミッドの勤めている国営テレビの
IDを首から下げて

20130222-202752.jpg

昨日のことがあるので
ビビりながらもバシバシ写真を撮ってきました!!

20130222-164803.jpg

20130222-164816.jpg

20130222-164831.jpg

彼女がミスチャド
投票で選ばれたらしい

20130222-165239.jpg

機関銃を持った警察の前で
堂々と写真を撮りまくりました!

20130222-164915.jpg

すげ〜!!
国家権力って凄いです!!妻TOMOは観衆の中から見守り。。。
イスラムの国なのでストール被って目立たないように。。。

20130222-165045.jpg

表彰式のの後は大臣達が集まる昼食会にも参加させてもらいました

chado17

食事が豪華で食べまくっていたら
妻TOMOは次の日にお腹が。。。
ちなみにハミッド父も次の日お腹が。。。
地元の人があたるってどんだけですか

帰りの小さな村でも写真を撮らせてもらえました!!

chado15

chado16

本当に貴重な経験をありがとう!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..

カメルーン→チャド国境越え

オフィシャルサイト ともたび http://tomotabi.net

●ヤウンデ → ンガンデレ
夜行電車 1等車 17000cfa

20130222-154843.jpg

マロウアまでのバスのチケットを
電車の中で売りにくる
アフリカにあるまじき効率の良さ!

●ンガンデレ → マロウア
バス 6000cfa

買ったチケットをバス会社の
窓口に出すのを忘れないように

●マロウア →コウセイリ(国境の町)
マイクロバス 7000cfa
Tourist Expressの隣のバス会社
出発が早朝3時、4時、7時と早い
8時間くらいかかる

●コウセイリ → 国境
バイタク 300cfa

●国境 → ンジャメナ
タクシー 2人で 4000cfa
多分多く取られてると思う

チャドでは入国3日以内に外国人登録を必ずする事

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←読み終わったらポチっとクリックを..
カテゴリー
月別アーカイブ